条件を満たす住宅・住居を探す

住宅・住居でリフォーム価格が新築の70パーセントを超えるなら新築を選んだほうがいいとされます。

住宅・住居でリフォームより新築を選ぶとき

家電製品を購入して数年が経ったときに故障してしまいました。1年の間なら無料で修理をしてもらえるのですが、すでにその期間は過ぎてしまっています。業者に修理費用を見積もってもらったところ新品を購入するのとあまり変わらないことが分かりました。部品があまりないことや、新品の価格が下がっているなどが理由としてあるようです。それなら購入した方がいいとのことで新しいものに買い換えることがあります。修理をした方がいいのか、買い替えたほうがいいのかについては一定の基準を持つようにします。どちらにしてもそれ以降使うことになります。

住宅・住居の場合には修理としてはリフォームになるのでしょう。買い替えとなると新築になると思います。一般的には新築はお金がかかり、リフォームはそれよりも安くできると言われます。どちらにおいても価格差はそれなりにあります。新築でも住宅会社から購入するものならかなり安くなりますし、注文設計になると部材も全て作ることになるのでそれなりにかかってきます。リフォームも水回りだけのこともあれば、柱などの補強をしないといけないことがあります。

ある業者においては、新築の70パーセント以上のリフォーム費用がかかるのであれば新築の方が良いと言われました。耐用年数からすると新築のほうが良くなります。長く住むことや気持ちの部分に30パーセントが該当します。
Copyright (C)2018条件を満たす住宅・住居を探す.All rights reserved.