条件を満たす住宅・住居を探す

住宅・住居において、建築基準法上新築の建物が建てられないことがあります。リフォームするのみになります。

住宅・住居で新築が建てられない場合

住宅・住居を建てるときには建築基準法と言われる法律の元で行われます。耐震性能などが法律で定められていて、新しい法律になるに従って厳しくなっているとされます。その分住みやすい住宅にはなっているのですが、法律以前の住宅の場合、法律後においては基準を下回っていることがあります。基準を下回っている建物については住み続ける分には問題無いとされています。しかし、建て替えをしようとするなら新しい基準出ないといけません。

建築基準法においては建物の構造部分について定めることもあるのですが、それ以外には建物が建てられている場所について定めることもあります。建物の周辺の道路がどのようになっているかです。土地に接する道路に関しては一定の広さがないといけないようになっています。昔はそこにも建てることができたけども、今は建てられないような道路の広さがあります。土地自体はあるけども、取り壊しても建物を建てることができないのです。

この場合は住み続けようとするならばリフォームをするしかないでしょう。叉リフォームをするにあたっても増築などができない場合があります。あくまでも改築などです。この辺りは専門家と相談しなければいけません。
Copyright (C)2018条件を満たす住宅・住居を探す.All rights reserved.